メキシコシロガシラ(兄)と       コミドリコンゴウインコ(弟)と       のんびり楽しく暮らしています


by piyohiyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

健康診断

健康診断に行ってきました
と、言っても健康診断を受けたのは私ではありません
息子たちです
1年に1回、健康診断を受けさせたいと思っています
結果から申しますと、特に悪いところは見受けられないとのことでした
(*^▽^*)

1時間半ほどの診察、先生がほとんどの間お話されます
そして息子たちの様子を観察されています

最後に爪を切っていただきました
去年の健康診断で「爪は必ず切るように」と指導を受け
主人と2人がかりで切るようにしています
でも抵抗する息子たちを押さえつけて切るのはなかなか大変です
怖くていつも尖った爪の先っちょをちょっぴり切るくらいしかできません
せっかくなので健康診断のついでに、先生に切っていただきました

コウ。ガッツリ !(^^)!
f0234590_9175545.png

タロも。ガッツリ \(~o~)/
f0234590_918149.png

切った先から少し血が出るくらい。止血剤で止血します
このくらいガッツリ切れるようになりたいと思います




****** 前回に引き続きご指導いただいたこと *****

《日々の生活で環境を変化させ、常に緊張感をもたせるようにする》
《発情させない》
 鳥類は自然界の中で、いつ何が起こるかわからない、いつ襲われるかわからない
 状況で暮らしている。安定した生活なんてありえない
 まったりとした変化のない生活が、無駄な発情をうながすことになる
 (緊張感のある生活では無駄に発情している暇がない)
 お気に入りの場所やおもちゃ、執着心がある物があることは発情の印

《約束(サイン:我が家では放鳥のときサインを出しています)を守る》
 約束を破らない。がまんすれば必ずよいことがあるということを裏切らない
 (放鳥の時間がない時でも、時間を見つけてサインを出して5分でも放鳥する)

《副食:みじんぎりの果物と野菜》
 野菜は毒があるものがるので集中させない。果物は毒はない
 果物を好み野菜はあまり食べない場合、フードプロセッサーなどで細かくした
 野菜を果物に付着させるとよい
 
《爪切り》
 タオルでくるんで保定する場合、タオルを怖がるようになる
 タオルを使って遊んだりしてタオルに慣れさせるとよい
 爪切りの後、大好きなご褒美をあげてたくさん褒めてあげる

《鳥類であり、哺乳類でない》
 鳥類だけれど、私たちにとても近い感情をもっている
 適応能力が高いので、全く違った生活環境の私たちに合わせてくれている


 
お話の中で私が何か言うと、先生はすべてダメ出し (:_;)
例えば…
私 「ときどき携帯に吐き戻しをするので、携帯を見せないようにします」
先生「あなたが言うことは全部対処療法。何度も言うけど発情させないこと」



先生のお話をうかがうと、本当に鳥への愛情が伝わってきます
先生のおっしゃったことを、どれだけ正確に表現できたかわかりません
いろいろな考え方がありますし、ご参考になればと思います
自分自身もどれでけ実行できるか、難しいです



そして家に帰って。。。
環境を変化させ、緊張感をもたせる、、、難しい (-"-)
とりあえず発情の印のタロのお気に入りのおもちゃは取り外し
 ↑ 思いっきり対処療法?? (ー_ー)!!
前後のケージの向きを変えてみました
f0234590_918614.jpg


うううぅぅぅ。。。こんなんじゃ駄目かな
これから少しずつ考えていきます!








[PR]
トラックバックURL : http://pipihiyori.exblog.jp/tb/24003308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふぇりしあ at 2015-05-13 22:13 x
こんばんは!
コウくん、タロくん、健康お墨付きで良かった
ですね(^-^)

一時間半の診察って、すごいですね!piyohiyoriさんの
先生はとても熱心で、鳥さんへの愛に溢れて
いらっしゃる。
我が家の主治医は、20分の診療です。
いい先生ですが、あっさりしてます~。
私みたいな劣等生の飼い主は、いっぱい怒られてしまいそうですね(・・;)
対処療法ではダメって、うぅ~、耳が痛いですぅ(;_;)

まったり変化がないって、まさにぴょろ…。
忙しいインコは幸せだって、どこかで聞きましたが
その通りなんですよね。

ついつい、甘やかしてすべての願いを叶えてあげたくなっちゃいます…。緊張感、大切ですね!

お野菜を、フードプロセッサーで果物に、ってすぐ実践できそうですね。試してみます!

長く健康に暮らしてもらうために、頑張りましょう!!

Commented by piyohiyori at 2015-05-14 08:29
こんにちは!
おかげさまで、とりあえず健康ということでよかったです
コウはちょっと肝機能の働きがよくないみたいですが
薬を投与するほどではないみたいです

1時間半の診療と言っても、私が指導を受けている?感じです
ただ先生はその間、息子たちの様子を診ているようです
特に病気や怪我ではないので、そのような診療になるのかもしれません

変化があり緊張感のある生活環境を作るって、難しいですよね
頭を悩ませてています
今の所思いつくのはケージの位置を変えるくらい (:_;)
キャリーでお外に連れて行くのもよいそうです

我が家はフードプロセッサーがありません
昨日息子たち専用のおろし器を買ってきました
ニンジンなんかはすりおろしてみようと思っています

本当に長く健康でいてくれるように願ってやまないですね
頑張りましょう(^O^)
Commented by yuki at 2015-05-14 12:32 x
こんにちは、健康診断お疲れ様でした。
piyohiyoriさんの所の先生、厳しいですね。

個人的には、生活指導で食事制限やら、日常生活まで
管理指導された事が有り。
いかに息苦しくて、おもしろくないか分かっているので
鳥たちにも同様な健康第一=ストイックな生活を
させることは出来ませ~ん(笑)
先生が何と言おうと、自我が強い悪い飼い主です。はい。

piyohiyoriさん偉いなぁ~と、改めて感じました。
Commented by piyohiyori at 2015-05-15 07:38
こんにちは!
はい、健康診断の後はどっと疲れます
厳しい先生なのですが、トリさんへの愛情が伝わってくるので
先生に診てもらっている以上できることはやってみようと思っています
そして実際にはあまりできていません、トホホ、、、

結局のところ、健康第一の生活をしたからと言って長生きする訳ではないようです
人間と同じですね!
最後はDNAだそうですよ! (;^ω^)

私はといえば、生活指導や食事制限があったらやっぱり守れませんわぁ
休肝日を設けなければと思いながら、できましぇ~ん (≧◇≦)

本日、ヒーリング宜しくお願いたします 
楽しみにしています
外出してしまいますが、息子たちにも伝えて出かけるようにします
by piyohiyori | 2015-05-13 10:46 | 我が家の子どもたち | Trackback | Comments(4)